中古バイクを売るとき

中古バイクを売るときの査定には、いくつかポイントがあります。

結果次第で買取価格に大きな差がでるので、しっかりとポイントは押えておきましょう。

ポイント①買取業者の選び方
買取業者の提示する金額は、それぞれで違います。ですから、買取業者を決めるときには、相見積もりを取って比較することが大切です。

相見積もりはネットのサービスを使えば簡単に取ることができますし、比較後すぐに申し込みもできます。

ネットで提供されている便利なサービスを活用しながら、買取業者は決めていきましょう。
買取業者を決めたら、次のポイントは洗車です。

ポイント②洗車
洗車をしても売却価格の大幅アップに繋がりませんが、買取業者に好印象を与えることができます。

泥や埃まみれのバイクを査定するよりも、綺麗な状態の方が印象が良くなって、わずかでも買取価格に良い影響を及ぼすことができるはずです。

洗車をしていると、気になるのは車体の傷です。

ポイント③傷
傷があると評価は下がりますから、直したくなるかもしれません。車体についた傷については、補修をした方が買取価格はアップします。

しかし、修理業者で大金をかけて補修をしても、それ以上買取価格がアップしなければ意味がありません。

修理代金を節約するため自分で補修をすると、却って目立ってしまうこともあります。細かな傷は買取価格には影響しないので、基本的に車体についた傷は、そのままにしておくのが良いでしょう。

バイクの状態を整えたら、純正パーツを用意しましょう。

ポイント④純正パーツの用意
購入後にカスタムパーツに変更している場合は、必ず純正パーツも一緒に査定に出して下さい。カスタムパーツだけで純正パーツがないと、それだけで買取価格は下がってしまいます。

中古市場ではカスタムパーツより純正パーツの方が人気が高いので、パーツを交換したら大切に保存しておきましょう。

純正パーツを用意したら、次は整備記録簿です。

ポイント⑤整備記録簿
整備記録簿があると、買取業者にこれまでの整備状況を正確に伝えることができます。
車体に傷があっても整備記録簿があれば、減額の幅を抑えることもできますから、整備記録簿は必ず提出しましょう。

買取業者を比較して選んで、洗車をして純正パーツと整備記録簿を用意しておけば、バイクを売るときの主な準備は完了です。

あとは査定に訪れた買取業者に、良いところは積極的にアピールしましょう。査定中に魅力的なポイントをアピールして交渉するのも、バイクを高く売るときのポイントです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする