バイクを売る ディーラー

バイクを売ると考える際は、3パターンが考えられます。

新しいバイクへ買い替える際に併せてディーラーで下取りしてもらう。

複数台所有しているうちの不必要であると感じたものをバイク買取屋に売却。

バイク自体が不必要となってしまったのでバイク買取屋に売却。

ここで、「下取り」と「買取」という2つの言葉が出てきます。

似たような意味合いに聞こえますが、全くの別物です。

下取りとは、ディーラーで新しいバイクを買うのを条件に現在所有のバイクを下取りしてくれるというものです。

裏を返せば、新しいバイクを買う予定がない場合、ディーラーは新車しか扱いませんので、下取りだけしてくれるということはありません。

逆にそのようなケースは、単純にバイク買取屋で買取してもらうという事です。

ここで注意が必要なのですが、新しいバイクを買う意思があっても、ディーラーの下取り額だけ見ると損をするケースがあります。

どういうことかと言いますと、ディーラーの下取額よりもバイク買取屋の買取額の方が高く売れるケースが多々あるという点です。

そのような場合、高く買い取ってくれるバイク買取屋でバイクを売り、下取りなしでディーラーで新車を購入するというのが賢い選択であると思われます。

様々な種類のバイクが販売されていますが、バイクによって性能にそれなりに差があります。

高性能なバイクは物凄い速さで走る事が出来るだけでなく、デザインも良い物が多いので、バイクが好きな方からはとても人気があります。

人気が高いメーカーが販売している物はどれもデザインが良いので最新の物が販売される度にチェックして、好みの商品があったらすぐに購入される方も多いです。

しかしバイクは一般的なコレクション商品とは少し違い、サイズが大きいだけでなく一度に一つしか使用出来ません。

また、価格もデザインが良い物となると高額な物が多いのでそう簡単に沢山購入出来る商品ではありません。

二つ以上手に入っても、結局愛用する物が一つのみで片方が不要になってしまうケースも多いです。使い道が無い物があるのなら買取サービスで売るようにしましょう。

人気、価格が高い物ともなると買い手も多いので業者の方が中古で販売しても高額で売却出来ます。なので査定依頼をしてみると、高額査定して貰える場合が多いです。

売ってもお金になるだけなのでまた新しく購入する際の足しにしてもお得です。

勿論、新しいバイクを買う際によくあるディーラーの下取りとは違いますので、それ以外の娯楽等にお金を使用しても問題ありません。

サービスを利用する時には身分を証明する以外の物は特別必要無いので、売りたい物だけ査定依頼をして後は自分の判断で取引に応じるか、キャンセルをするか自由に決められます。

売る時に査定依頼を沢山のお店ですると価格の比較をする事も出来ます。査定をする方は業者の方なので、価格を決める方によって決められる価格にも差があります。

高い価格で売る事が出来れば受け取る事が出来るお金も高額になるので、高い価格で買取ってくれるお店を探しましょう。

複数のお店に一括で依頼が出来るサービスもあるので価格の比較をする手間はかかりません。

しかしこの手のサービスは手間が省ける分、比較出来るお店の数に限りがあるので、自分で手間をかけて比較をしていった方が沢山の情報が集まります。

情報を集めて得をするか損をするかは運次第ですが、それでも手間をかけて情報を集めて損をする事はありません。

逆に情報を全く集めないとなると、損をしているのか得をしているのかも判断する事が出来なくなり、知らない内に大損をする可能性もあるので情報は集めた方がお得です。

他にも上で記したように下取りに出して売り、値引き価格で新しく買うという売却方法もあります。自分に合ったお得な方法を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする