バイクを売る時期

バイクを乗らなくなってしまった方や、新しいものを購入する方はバイクを売るかと思います。なるべく高く売買する方法としては、オークションを活用することが挙げられます。

オークションは仲介料などを取られずに済むため、一番高く買い取ってもらう方法となります。オークションで売る際には、なるべく人が多く集まるサイトを選ぶことが重要となります。

人が少ないサイトを選んでしまうと、見てすらもらえない場合もあるため、サイト選びにはメジャーなところが良いでしょう。

写真を載せる際には、不具合などもアップするようにします。不具合をアップするのは、後々になってクレームなどのトラブルに発展することを防ぐためです。

オークションでの多いトラブルとしては、買い取った相手が名義変更をしない方がいるようなので、名義変更をするように、しっかりと伝える必要があります。バイクの受け渡し方は、こちらに取りに来てもらうか、輸送業者にお願いする方法があります。

受け渡し後にクレームをつけてきたり、修理代を請求されることもあるので、把握しておきましょう。

オークション以外の方法としては、買取業者に買い取ってもらう方法があります。なるべく高く売りたいと考えている方は、何店かのお店を回って査定してもらいましょう。

移動が面倒な方は、自宅まで来て査定してくれる業者もたくさんあるので、そちらを利用しましょう。出張査定は今や当たり前のように利用されているサービスで、気兼ねなくなく利用された方が価格も時間も自身の得になり得るはずです。

このようなバイクの出張査定に関しては、中古バイクの査定|損をしないで高く買い取りしてもらうコツ!というサイトに大変詳しく書かれていますので、参考にされると役に立つと思います。

高く買い取ってもらうには、売る時期も重要になってくるようです。3月と4月は、バイクを購入する方が増えるので、その時期を狙って買い取ってもらいましょう。

買取業者は、当然買い取ったバイクをすぐにでも売り捌き利益を得たいわけですので、売れる時期には少々上乗せしてでも購入してくれます。

逆に冬の12月~2月は購入する方が減るので、そちらの時期は避けたほうが良いでしょう。そのような時期は高めに買い取っても捌けなければ在庫を抱えるリスクが高まります。

高く買い取ってもらうためには、交渉も必要になります。買取業者は、査定をして売ってもらえないことを嫌がるので、もう少し高めに金額を提示することで買取金額を上げることが可能となります。

交渉には、相手が金額を提示してから行うようにしましょう。こっちに情報がないまま金額を申し出てしまうと損をする可能性が高くなるためです。

売る方法は様々ありますが、それぞれメリットとデメリットがあるため、その点を把握してから行動するようにしましょう。

特にオークションで売る場合は一番大変な方法と良くきくため、簡単に済ませたい方は、業者さんに依頼する方法を選ぶと良いでしょう。業者に依頼する場合は、名義変更やその他の手続を行ってくれるため、面倒な作業を少なくすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする